エヴァQ見たらしき2人組の「説明なくて全然分からんかった。視聴者でも分からないんだから、主人公はもっと意味不明だったろうな…主人公かわいそう」「…映画館で観たときは俺もそう思ったけど、就職してわかった。あれ現実だ」「え?」「仕事もあの位の説明で現場出される」「まじで」という会話
(osamu2001からリブログ)
FinFisher(FinSpy)はイギリスのGamma Internationalにより開発されたスパイウェアですが、現在はドイツの企業がシステムの開発と販売を受け持っています。これは、40種類以上のアンチウイルスソフトの検知をバイパスし、パソコンのウェブカメラに映る映像はすべて録画、マイク音声もすべて録音、そしてキーボードで入力される文字もすべて記録してしまい、さらには外部から通信を傍受したり遮断したりも可能という恐るべきスパイウェアです。Windows・Linux・OS XといったOSのコンピューターだけに限らず、Android・iOS・BlackBerry・Symbian・Windows Mobileといったスマートフォンの通信を傍受することもできます。

FinFisher(FinSpy)がどれだけ恐ろしいスパイウェアかは以下の記事を読めばよく分かります。

アンチウイルスソフトに検知されずあらゆる行動を記録する「FinSpy」 - GIGAZINE
(buddaからリブログ)
松竹梅ってのが大切でね、別に梅だからって手を抜いてるわけじゃなくて、ちゃんと仕事はしてるしお客様に満足頂ける100%だけど、もっと金を出してくれたら、もっと良い物を見せまっせ。と言うのがプロですと最初の会社で教わりました。
(buddaからリブログ)

しかし、中部電力や地元企業の間では「政府の支援内容もわからないままでの全面停止では困る」との声も。

そんななか、協議の場で気になったのが「オメガ計画」の行方である。


原子力関係者の間では知られているが、高レベル放射性廃棄物を安全に処理するための先進的な研究として、1989年にスタートしたもの。

文部科学省が主管庁となり、わが国の原子力研究機関が英知を結集して半減期の長い放射性物質を素早く安全に処理する技術を開発してきたはず。

このところ話題のセシウムやヨウ素などを核反応を利用して短寿命に変え、放射能を消滅させることを目指してきた。

実は、この日本発の研究がきっかけとなり、フランス、ロシア、アメリカでも放射性物質の分離、消滅処理に関する研究が進むようになったほど。

たとえば、「半減期が30年といわれるセシウムを45分で処理できるようになる」とまで言われた。

わが国における原子力の安全性向上に関する金字塔のような研究事業であったのに。

しかも、これまで莫大な国家予算を投じ、世界にもアピールしてきた。

わが国の「原子力開発利用長期計画」の中心に据えられていた、この「オメガ計画」。

福島原発の事故を受け、放射能汚染が深刻化する今こそ出番ではないのか。

しかし、なぜか、どこからも「オメガ」の「オ」の字も聞こえてこない。

そこで、文部科学省に問い合わせると、「データを紛失した。探してみるので時間がほしい」との回答。

こんなことがあっていいのだろうか。

これこそ「想定外」の事態としか言いようがない。

危機管理どころか情報管理を根底から練り直す必要がありそうだ。

(buddaからリブログ)
昔何かで読んだセガ評が
「常に10年先を見据え、業界を5年リードした技術を持ち、今期の決算を忘れる」
という実に的確かつヒドイ評価で笑った記憶がある。

やるやらで学ぶゲームの歴史その6
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1305983419/

 

(via mcafee-x6)

(出典: 46187)

(buddaからリブログ)

会話のなかにやたらに「お兄ちゃん」の登場頻度が高い。呼称もなんかおかしい。両親のことは「父」と「母」なのに、兄だけが「お兄ちゃん」である。ちっさい子がいっしょうけんめいなんかしゃべっていて、やたらに「お兄ちゃん」が登場する。しかし内容はといえば、たいていは兄のことを悪く言っている。

 俺のセンサーが動いた。センサーはどこにあるかというと、前立腺のあたりにある。幻想の妹を持つお兄ちゃんにはみんなこのセンサーある。そのセンサーが俺に以下のセリフを口走らせた。

「しかしお兄ちゃんと仲いいんだね」

 返ってきた反応がやばかった。Mさんは噛み付くように言った。

「まさかぁ! そんなことぜんっぜんないですよ! 気きかないし妹にやさしくないし、なんかだらしないし。このあいだも私が家に帰ったときにお兄ちゃん家にいなかったんですよ。なんか友だちとごはん食べに行ってたとか言って。ひどいと思いません?」

 センサーがじっとりと汗をかいた。

 やばい。本物だ。

 どんだけだ。

 しかし反応には困る。そうだねひどいねとも言いがたい。かといってお兄ちゃんにはお兄ちゃんの事情があるんだろうしとも言えない。窮した俺は話の方向を変えた。

「Mさんお兄ちゃんのいくつ上?」

「6歳ですよ」

「ほう……」

「6歳も上で、向こうは社会人なんだからもっとやさしくしてくれてもいいと思いません? このあいだも夜にカップ麺食べたくなったからお兄ちゃんに買ってきてって頼んだらいやだって言うんですよ?」

「そりゃめんどくさいんじゃない?」

「でも私が頼んでるのに」

 すんげえセリフだなそれ。

「で、結局どうなったの?」

「買ってきてくれました」

 頭かかえたくなった。これはひどい。いやだって言われただけでヘソ曲げる妹さんもたいがいだが、結局は買いに行くお兄ちゃんもどうなんだ。甘やかし放題である。

「カップ麺おいしかった?」

「お湯はお兄ちゃんが入れてくれました」

 おいこらお兄ちゃん!! そしてこの妹、話の軸がお兄ちゃんからまったくブレねえ。これはとんでもない物件が店のなかに潜んでいた……。

(buddaからリブログ)
「なんで映画見に行く人が減ったのか?」みたいな話が出る度に、「350円でドリンクを売り、ペラッペラのパンフを800円で売り、1800円も払って入ってくれた人に対して延々20分も広告を見せた挙句に犯罪者呼ばわりする」という現状を把握した上で言ってんの?…と思う。
(buddaからリブログ)
北極圏に在住し、自分の住所を「サンタクロースの住所」として世界中に公表し
毎年送られてくる世界中の子供達の手紙に返事を書いて
毎年2億円の利益を上げている男ガイル
(buddaからリブログ)
コンピュータの苦手なひとは「わたしはアナログ人間なので」と自虐なのか自慢なのかよくわからないことをいったりする。 世の中いろいろなひとがいるのに「アナログ人間」「デジタル人間」などと人間を二分するのがまさに「デジタル」的発想ではないのかと思う。

たんご屋本舗 アナログ人間、デジタル人間 (via heartlogic) (via yuco) (via aso) (via nemoi)

110000110001110011000010111000001100001011111100110000111010110100111010111010100101011001001100110000011011110011000000110000011010000011000100110000011000000011000001010001001100000110011110001010011100010011000001011001

(via petapeta) (via yaruo) (via quote-over100notes-jp) (via gkojax) (via tiga) (via yue) (via poochin) (via subdub) (via udongerge)

(via xlheads) (via pp1beat) (via wanderingdj) (via yskz) (via opisu) (via budda)
(buddaからリブログ)
36:名無しさん@13周年:2013/03/14(木) 18:17:23.96 ID:pm7soU8N0
内政干渉しつつ、内政不干渉を要求とかキチガイすぎる
(buddaからリブログ)